マイホーム

無垢床のメリット・デメリット【注文住宅 マイホーム】

国旅行割」は、楽天トラベルがお得😆✨
キャンペーンの併用で、最大60%分お得に!

エントリーと、クーポンの取得をお忘れなく😊
キャンペーンページ、詳細は⇒こちら

おうちづくりの第一歩!

「ちょっと情報収集してみようかな」という方にも✨
各社のカタログを、無料で一括お取り寄せできます!⇒こちら

家にいながら、効率的に比較・検討できます😊✨

床って常に体に触れているし、家づくりにおいては重要な部分ですよね。

我が家では、メインの床材を無垢床にしましたが
ここでは、無垢床のメリット・デメリットを紹介したいと思います。

マイホーム記事の一覧は、こちら

注文住宅・マイホーム記事まとめ これまでに書いてきた、マイホームの記事をまとめました。 マイホーム完成までの流れ https://apricotnuts.c...

無垢床のデメリット

傷がつきやすい

複合フローリングに比べると、無垢床は柔らかい素材が多いため、傷がつきやすいです。

ただ、傷はつきやすいですが、やすりをかけて、水とアイロンである程度は目立たなくなるので、きちんとお手入れをすることできれいな状態を保てます。
また広葉樹の無垢床であれば、素材が硬いので傷もつきづらくなります。

無垢床に使われる木材には以下のようなものがあります。

  • 広葉樹:クリ、ヤマザクラ、ウォールナット、メープル、バーチ
  • 針葉樹:スギ、ヒノキ、パイン

水や汚れに弱い

無垢床は水分を吸収しやすいため、
飲み物等をこぼすと水分を吸収し、反りや膨張の原因になります。
またすぐに拭き取らないとシミの原因にもなります。

伸縮、反りが発生する

無垢床は温度や湿度の変化により伸縮や反りが発生します。
伸縮することで、床材に隙間ができホコリ等が入り込むデメリットもあります。

ただし、幅の狭い木材を使用することで伸縮量を抑えることができるので、
隙間が気になるのであれば幅の狭い床材にすることも1つの手です。

色のバラつきや節が気になる

天然の木材を使用しているため、似たような色の木材を使用してもバラつきが出ます。

また木の種類にもよりますが、節が多いと気になってしまう場合もあります。

複合フローリングのようにプリントであれば、均一な色で節もなくすことができますが、
気になる人にとってはデメリットとなります。

床暖房が使えない

床暖房の熱や乾燥により、床材にヒビ割れ等が生じるため、
無垢床と床暖房を併用することは難しいです。

床暖房に対応した無垢床もありますが、金額があがってしまいます。
ただし、無垢床であれば足元も冷えづらいため床暖房を設置する必要はないかと思います。

無垢床のメリット

木のぬくもりを感じられる

天然木の香りや肌触りを感じられることが無垢床の1番のメリットだと思います。
複合フローリングのように冬の冷たさや、夏のペタつきもなく、
気持ちのいい木のぬくもりを感じることができます。

湿度を調湿してくれる

天然の木には調湿作用があるため、部屋の湿度を快適に保ってくれます。
湿度が高いときは水分を吸収し、湿度が低く乾燥しているときには吸収した水分を放出してくれます。

木の風合いを楽しめる

デメリットでも挙げましたが、同じ木目はなく、色のバラつきもあります。
また経年変化により、色味も変わってくるため、
これらを楽しめる人にとっては無垢床を採用するメリットになります。

我が家で採用した床材

我が家では、キッチン、トイレ、脱衣室をクッションフロア
それ以外の部屋をバーチという無垢床にしました。

バーチは、カバノキ科の広葉樹で、日本では「カバ」とも呼ばれています。

水回りは、手入れをしきれないと思ったため、クッションフロアにして水に強くしました。

私たちの工務店では、無垢床が標準ということもあり、
複合フローリングからの差もそこまで大きくなかったため無垢床にしました。
今後、経年により変化していく様子を楽しめたらと思います。

この記事が、無垢床を採用しようか迷っている人の参考になれば嬉しいです。

マイホーム記事の一覧は、こちらにまとめています。

注文住宅・マイホーム記事まとめ これまでに書いてきた、マイホームの記事をまとめました。 マイホーム完成までの流れ https://apricotnuts.c...

《おうちづくりを手助けしてくれるもの(無料です✨)》

ランキングに参加しています✨
よければ、ポチっとお願いします😊
にほんブログ村 住まいブログ 家づくりへ

ABOUT ME
まな
ただ今、注文住宅でマイホームを建築中。 知れて良かったと思うこと、便利だったもの 使って、生活が楽になったものなどを コーヒーを飲んで、一息つけるそんな時間に さっと読めて、お得が見つかる そんなブログにしていきたいと思います。